アートメイクで時短

目元とにかくメイクを素早く済ませたいと考えている人にとって、アートメイクというものはかなり時短の役に立つものです。アートメイクという言葉自体あまり知らないという方も多いかもしれませんが、これは針を用いて皮膚に着色するという方法のメイクで、毎回水に流れてしまうものではないので、メイクのベース作りとしても役に立ちますし、すっぴんのまま誰かに会わなければいけない状況でも役立ちます。しかし針を使って色を入れると聞くと、いわゆる刺青と同じかと不安に感じる方もいるかもしれません。しかしこれは刺青とは違い、その色が持続するのは数年間だけです。一生体に残るという類のものでは無いのです。

簡単に言うと刺青よりもはるかに肌の表面に近い部分に色を入れるので、お肌の新陳代謝が進むにつれて徐々に色が薄くなっていくわけです。肌の表面に近いところに着色する施術ですので、針を使うといってもアートメイクの場合は刺青のように強い痛みを伴うわけでも、出血を伴うわけでもなく施術することができます。サロンで施術できるところもありますし、医療機関で施術できるアートメイクもあります。口コミや評判、安全性などをよく調べてアートメイクを取り入れ、メイクの時間を短くするのも1つのアイデアです。

【参照リンク】医療アートメイク施術-シロノクリニック